9月 10

いよいよ14日に民主党代表選挙がありますね。
小沢さん管さんどっちがなるのでしょうか。
民主党の所得控除から手当・・・・・とう政策についてはどうなるのでしょうかね。
子ども手当はとりあえず、現状維持の様子ですが、所得控除が廃止だとすると、低所得中所得の世帯では、負担増となるといろんなところで算出しています。
管さんは子ども手当を、上乗せの方向で、現物支給や保育料などに割る当てるなど言っていますね。
小沢さんは、とりあえず来年度は現状のまま。その後は数年後には満額支給を目指すと言っていました。
所得控除の面では、一部の扶養控除の廃止という話も出てるし、本当にはっきりして欲しいです。
結局うちのような低所得者では、負担増になってしまうのでしょうか。
こども手当が当たるのは正直助かりますが、結局のところ、増税となるようでしたら、勘弁してもらいたいものです。

前日テレビで税金の滞納者の方が出ていました。
その方は納税するお金があるのにしていない人です。
そんな人からきとんと徴収してもらいたい。

管さんが代表だと、今と何もかわらない、だからここは小沢さんにやらせたら、何か変わる期待がもてるんじゃないかとか、政治評論家の人も言っていました。
いろんなパイプもお持ちでしょうから、ねじれも解消できるんじゃないかとか。
でも世論ではまだ疑いが晴れているわけではないのに、よく出馬できるなと管さん支持が多いようです。
またまたマスコミに踊らされそうですね。

8月 20

こんにちは。
お盆も過ぎて、また普通の日常が戻ってまいりました。
夏休みももう少し・・・・そう思って頑張ってます。
最近ずっとこの話題なんですが・・・・
子供手当に関して。
先日、来年度も今年度同様の金額と言っていましたが。
所得控除の件はどうなったのか。
もともと、所得控除の廃止は子ども手当を導入するからと提案されたものだと思いますが。
子ども手当が現状維持となると所得控除の廃止を見送りとなるのかどうか。
もし、配偶者控除や扶養控除などを廃止となると子育て世代の私達は負担増となってしまうのではないでしょうかね。

先日何かで読んだのですが、所得控除の配偶者控除についていろいろ書いてありました。
配偶者控除があるから、女性は103万の壁をいつまでも越えることができないとかなんとか。
女性の働き手を増やすべきとかなんだとか。
だから配偶者控除の所得控除は廃止に賛成という意見が多かったようでした。
それには女性も能力があるのに、働く仕組みがなってないからとか、もちろん国の借金を減らしたい、子どもの未来のためにという意見もありましたね。

うーん、確かに配偶者控除を廃止すると女性は今までの所得に壁を越えて働こうという気持ちにはもちろんなるとは思います。
この不景気ですからね~
でも、仕事がない!!!と思います。
私の周りにもたくさんの主婦がいますが、仕事をしたくても仕事がない!と嘆いています。
まずは雇用の面、福祉の面を考えて欲しいと思います。
確かに国の借金は減らしたいです。
でも、ムダはまだまだあるように思えます。

7月 26
今後の所得控除は?
icon1 タボ | icon2 所得控除いろいろ | icon4 07 26th, 2010| icon3Comments Off

あついですね~
それしか言うことない。。。このごろです。
学生は夏休みです。
うちの子供ももちろん夏休みです。
けど、どこにも連れてもいけませんね。
先立つものが、ないんですもん。
子ども手当?
うーん、うちは、貯蓄ですね。
今まで生活するので精一杯でしたから、貯金が全くなかったんで、子ども手当くらいは貯金にまわそうかなと。
配偶者控除の所得控除も廃止になるのかどうなのかも全くわかりませんし、嬉しい顔してばらまかれたお金を使っていても、後で泣くことにもなりかねませんからね。。。
満額なんて全く期待もできそうにもありませんし。

皆さんはどうですか?
何かの調査の結果でも貯蓄が多かったと思います。
約半数が貯蓄、あとは生活費の補填なんかが多かったような。
子ども手当とひきかえに所得控除も少なくなると考えると、消費にまわそうと考える人は少ないのではないでしょうかね。

そもそも消費を考えるのであれば、現金支給というのが間違っているとは思います。
国民のご機嫌取り?票集め?のためのばらまきは、国民を馬鹿にしているとしか思えない。
まー、もらえるものは素直にありがたいですが、可愛い子どもたちに借金を背負わせる結果となるのは目に見えていますから。

これだけ、消費にも繋がらない結果に、配偶者控除などの所得控除のことを切り出すのは、民主党さんもなかなか出来ないのではないかと思いますが、どんなもんなんでしょうかね。

6月 17
所得控除と子ども手当
icon1 タボ | icon2 所得控除いろいろ | icon4 06 17th, 2010| icon3Comments Off

先日案内がポストに入っていました。
1つは税務調査に関するもの。あー最悪。
もう1つは子ども手当の支給の案内。
もらえるのは、うれしい。
確かにうれしい。
ただ、財源が確保できているのならね。
民主党政権が前の選挙で目玉に掲げたこの子ども手当。
反対する方はもちろんたくさんいらっしゃいますが、私としては賛成。ただし、財源さえ確保できれば。
だって、実際子育てにはめちゃくちゃお金かかりますもん。
日本の税金の使い道は大きくわけて、高齢者に関するものが7割で子どもに関する予算でいえば、1割なんだとか。
先進国でもその割合はめずらしいらしいです。

しかし、「ばらまき」で得られるものはあるのでしょうか。
あ、民主党が政権とったってことぐらい。
誰の得でもない。

政権をとることだけに集中しないで、政治家として本来の責任はとって欲しいです。
本当に日本の未来を考えているなら。

子ども手当を実行するためには借金するのではなく、●●増税に協力ください。と私達が納得できるように説明してもらいたいものです。
できない公約は掲げない、掲げたのであれば、実行する。
それだけの話だと思うけど。

今年度は半額支給となりましたが、次年度もその半額でいくのなら、配偶者控除などの所得控除の廃止はしないという考えだそうですね。
そりゃそうだ。
私達の収入がマイナスになっちゃうもんね。
なんでも満額でなくても2万円とかいう案も出てきてるみたいですが、その場合は配偶者控除の所得控除は廃止するとか。

所得控除も子ども手当もどうなっちゃうんでしょうか。
しばらく目が離せませんね。

5月 25
レーシックは医療費控除?
icon1 タボ | icon2 医療費控除について | icon4 05 25th, 2010| icon3Comments Off

5月ももう後半。
早いですね~。
もう梅雨に入るかもね。なんとも1年経つのが年々早くなっているような気がします。
年のせい?なんでしょうかね。
最近イネなのかブタクサなのかわかりませんが、目と鼻がやられてしまい、コンタクトも入れれません。
めがね生活です。
あなたのまわりを見てどうですか?
視力の悪い人って結構いるかと思います。
私の会社のフロアーは10人程度ですが、めがねやコンタクトが必要な人は9人です。
最近では視力の良い人を探すほうが難しいんじゃないかなーって思います。
その9人のうちの1人が最近レーシックの手術を受けて、ばっちり視力が回復しました。レーシック、私もやってみたいなーとは思いますが、お金もないし。怖いっす。
レーシックっていうと、レーザーをで角膜を削って視力を矯正するものだけど、目にレーザーと考えただけで、怖いのは私だけでしょうか(笑)
でもコンタクトやめがねで視力を矯正するのとは違いますから、コンタクトやメガネを永遠に使い続けるよりはもしかしたら安上がりなのかなーなんて考えたり。
会社の人に聞いたら、所得税の医療費控除の対象になるんですよ!!!
ってビックリ発言。
治療だとは思うけど、特に治さなくても日常生活に支障がない場合でも所得控除の対象となるなんて、ビックリしました。

国税庁のホームページを見てみましたが、やっぱりレーシックは医療費控除の対象となると書いてありました。

「眼の機能それ自体を医学的な方法で正常な状態に回復させるものであり、それに係る費用は、医師の診療又は治療の対価と認められますので、医療費控除の対象となります」
(国税庁のホームページより)

でもメガネやコンタクトは治療の範囲じゃないので所得控除はできませんだってさー。
レーシックしてみようかな(笑)

4月 22
所得控除と子ども手当て
icon1 タボ | icon2 余談 | icon4 04 22nd, 2010| icon3Comments Off

こんにちは。
4月に入ったというのに、まだまだ寒いです。
昨日はとってもお天気だったのに今日は全国的に雨模様だそうで、私の住んでいるところでは、また冬に逆戻りしたかのような寒さです。
もう4月だというのにファンヒーターはガンガンです。

寒いのは何もお天気だけではないような気がします。
この不景気を吹き飛ばすような活気的な景気回復策を期待している私ですが、こども手当ても、嬉しさ反面本当にそれでいいの?と疑問です。

子ども手当ては貰えるのはもちろん嬉しいんだけど、児童手当はなくなり、所得控除も減り、増税になると聞いていますが、本当のところ手取り額は増えるのか?
もしかして減っちゃうの?
いまいちはっきりわかりません。
昨日の新聞を見ていたら、今年は26000円の半額支給ですが、あとの残りの13000円の分は、商品券になるとかならないとか検討中だと新聞でみました。
所得控除は増え、現金支給でもなく、なんだか心配事は絶えません・・・
私のような小さい子供のいる家庭はまだいいのですが、子供のいない家庭では不満も多いことでしょう。
結局のところ、扶養控除や配偶者控除がなくなって、控除の方向から支給の方向なのだそうだけど、財源もいまいちわからない、そして借金はどうするの?
私達の子供に明るい未来はあるの?
そう考えると、本当に子ども手当てに限らず、高校無償化なども素直に喜ぶことができないのはみんな同じでしょうね。

3月 24

こんにちは。確定申告が終わって1週間以上たちましたけど、皆さんは無事に申告されました?
今日は表題の件、住宅ローン控除についてお話ししたいと思います。

住宅ローン控除、正しくは「住宅借入金等特別控除」ですが、これはマイホームを新築、購入した時に一定の条件を満たせばいったん納めた所得税を還付しますよ、というシステムです。
この住宅ローン控除を受けたいと思った時は、確定申告する必要があるのですが、家を購入してから、6ヶ月以内に入居していることや、控除を受ける年の12月31日まで、ちゃんと住んでいることが条件です。ですから、別荘などは適応されないことになりますね。また、年間の所得が3000万円以上の人は、この減税措置は適応されません。お金持ちには不要!という事でしょうか。

じゃあ、実際にどうしたらよいかというと、サラリーマンの方であっても、まずは確定申告の手続きを行わなくてはいけません。まずは、入居後最初に適用を受ける初年度のみ確定申告をして、その後、2年目以降は、会社で年末調整の処理を行うときに、「給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書」を、会社にに提出することで、ちゃんと控除が受けられることになります。
また、新築のお家じゃなくても、リフォームなど改築でローンを組んだというケースでも、確定申告の時に確認するのがよいですね。しっかり申請を行えば、税金が戻ってきます!賢く利用してみてはどうでしょうか(^^)

2月 19
そもそも、所得って??
icon1 タボ | icon2 所得控除とは? | icon4 02 19th, 2010| icon3Comments Off

こんにちは。確定申告が先日、スタートしましたね。
毎年やらなくちゃ!と気持ちばっかり焦ってしまう管理人です。いつも結局3月ギリギリに行うことが多いので、ちょっと反省して、今回は2月中に。。。と思っているんですけど、間に合うかな??

閑話休題。さて、今日の所得控除のお話しは、その確定申告にも関わってくることなのですが、「所得」の定義について、あらためて考えてみたいと思います。
このシーズンになるとよく見かける質問が、「所得と収入の違いって、一体なに??」というものです。確かによく似ていますよね。所得と言えば、自ら稼いだり、または年金をもらったりして、自分のものとなるお金の総称のように思えるし、収入は、稼いだお金では?と思う人もいると思います。

しかし、実際に所得税を計算して、確定申告するときには「所得」と「収入」のニュアンスは異なります。「収入」は自分のものになったお金そのものを言いますが、「所得」はその「収入」から「必要経費」などを控除したものであり、つまり所得税というのは「所得」に対してかかる税金なのです。
もしも、1年間で500万円の「収入」があっても、300万円分、「必要経費」がかかっていれば、「所得」は200万円とみなされ、税金は、200万円に対してかけられることに。ちなみにサラリーマンの場合、「給与所得控除」があらかじめ引かれていますが、これが「必要経費」に当たるものという考え方です。

1月 22
鳩山首相に思うこと
icon1 タボ | icon2 余談 | icon4 01 22nd, 2010| icon3Comments Off

こんにちは。今年もどうぞ宜しくお願いします。
最近は鳩山首相や、小沢幹事長の政治資金問題で、国会もテレビのニュースも持ちきりですね。
とくに鳩山首相の方は、お母様から数億円も貰っておいて、それを政治資金寄付として隠していた、と言うのは、私たちのように小さな所得でつつましく生活している国民からは、とうてい理解できない内容です。

でも、どうしてそんなことをしたか?といえば、あきらかに所得控除を意識したものだと思います。
所得控除は、年間150万円をオーバーする金額になると認められないというのが、今の法律です。つまり、今回のケースだと贈与税として納めるべきだったのですが、そうなると半分以上のお金が贈与税で取られちゃうことになるので、「だったら、150万円以下の小さな寄付にしてしまおう」と、なったわけです。
所得控除をこんな風に利用するなんて・・・しかも、母親から何億円をもらえるような環境にいる、お金持ちの鳩山首相が、所得控除を脱税の手段として選ぶなんて、これは許されることではないですよね。

でも、150万円という、所得控除の上限は必要だと思います。上限がなければ、所得控除が大きくなって、税金が徴収できないことにもなりますし、決して財務省が悪いわけじゃありません。ただ鳩山さんのように、生まれたときからお金持ちで、お金の苦労をしたことが無いような人が、こんな風に所得控除のシステムを利用するのは、なんだか腹だたしく感じてしまいます。みなさんはどう思いますか?

12月 16

こんにちは。もう年末が近づいてきていますね。今日の所得控除のお話しは、振り込め詐欺に関するものについて。
これだけ、振り込め詐欺に注意してくださいと警察も言っていても、年々振り込め詐欺の被害損失額が増えているというのは恐ろしいことですね。その振り込め詐欺の手法がどんどん巧妙化してきているので、騙されてしまう人も少なくないようです。私も、実家にその類の電話がかかってきて、『本当にかかってくるんだ!』と驚いたことが。もうヒトゴトではなくなってきているなぁと感じますね。

さて、こういった振り込め詐欺というのは、もちろん騙されたくないとみなさんも思っているでしょうが、もし万が一、不幸にも被害にあってしまった!!(>_<) そういったケースだと、その損害額は所得控除の対象になるのでしょうか。
所得税法では「災害や盗難、横領による損失のうち、一定額は総所得金額から控除できる」と決められていますよね。振り込め詐欺の損失額は金額もいろいろ。大きい額では1件で1000万円を越えてしまうものもあります。是非、所得控除の対象になってもらいたい!!と思うのですが・・・。

しかし残念ながら、現在のところ、こういった振り込め詐欺の被害は、所得控除の対象になっていないようです。その理由は「災害や盗難、横領」は対象になるけれども、「詐欺」はそれに含まれていない、と言うこと。つまり「詐欺」は、前者と違って、自らの意志で現金を支出し損失を受けたから、と言う理由。『お金を出したあなたが悪いんでしょ』ということみたいです。
所得控除の対象になる、ならないは別として、やはり年末は詐欺には気をつけないといけませんね。

« Previous Entries